フィリップ島 ペンギンパレードアルティメットエコツアー1日間 with Bunyip Tours

こんにちは!先日私はBunyip Toursでフィリップ島に行ってきました。

最初に、私はツアーに参加する前まで、完全に英語のツアーに参加することに少し不安を感じていました。ガイドさんの言っていることが全然分からなかったらどうしよう・・・と思っていましたが、なんとBunyip Tourのアプリから日本語の音声ガイドをダウンロードして聞くことができます。目的地ごとにガイドを再生すると、ガイドさんが言っていることとほぼ同じ内容のことが聞けるのでおすすめです!

さて、このツアーのスケジュールはこのような感じでした。

旅程

・ムーリットサンクチュアリー(コアラとふれあうチャンスも)

・   チャーチルアイランド

・   コアラ保護センター

・   ノビーズセンター(岬)

・   ペンギンパレード                                

まずは、フリンダース駅前近くのBunyip Toursのツアーデスク前でバスを待ちます。ピックアップ時間は午前10時頃。ペンギンを見られるのが日没後なので集合時間はあまり早くないです。

今回のこのツアー私のバスは全部で15人程度でした。バスに乗り込み出発すると、ツアーガイドさんからツアーの説明や注意事項を聞きます。そしてまず最初の目的地まで一時間ほどドライブ。しばらくすると車窓からの景色はシティの町並みから一変、牛や馬がたくさんいるのどかな牧場や地元の住宅街へと移っていきます。こういうところもいいなあ〜と見とれているうちにムーンリットサンクチュアリーに到着。

 ムーンリットサンクチュアリーの湖

ムーンリットサンクチュアリーの湖

 ワラビー@ムーンリットサンクチュアリー

ワラビー@ムーンリットサンクチュアリー

写真をみてお分かりのように、パーク内は自然に近い状態で維持されています。小さい袋に入った餌を購入すれば、ワラビーに餌付けすることもできます!ワラビーは餌に興味津々で本当に間近に見ることも触ることもできました。特に、お母さんのおなかから顔を出している赤ちゃんワラビーを発見した時はその可愛さに目が釘付けになりました。園内にはワラビーの他にカンガルー、コアラ、タスマニアンデビル、ディンゴ、エミュー、ウォンバットなどの他にも様々な動物がいます。下の写真はウォンバットです。思っていたより大きくてびっくりしました!

 ウォンバット@ムーンリットサンクチュアリー

ウォンバット@ムーンリットサンクチュアリー

そして昼食も園内のテラス席でいただきます。ランチはオージーBBQランチでソーセージ(チキンとビーフ1本ずつ)とパンとサラダでした!園内の美しい景色を見ながらの食事はなかなか良かったです!!(ツアーの冒頭で、チキン、ビーフソーセージを希望しない方はいますか?とガイドさんから聞かれます)

 

さて、おなかも満たされたところで車に乗り込み、続いての目的地はチャーチルアイランドです。実はこの場所が私の中ではものすごく印象に残りました。景色が最高です・・・。チャーチルアイランドはフィリップアイランドの海岸沿いにある小さな島で、島全体がヘリテージファームになっています。

 チャーチルアイランドからの美しい眺め

チャーチルアイランドからの美しい眺め

 ヘリテージファーム

ヘリテージファーム

海に囲まれているだけあって、牧場からの眺めだけでも訪れる価値があります。そして、ウサギ、ニワトリ、羊、牛、馬などなど様々な動物が飼育されています。アクティビティも行われていて、わたしは羊の毛刈りと、牧羊犬が働いている様子を見ました。どちらも生で見るのは初めての経験だったのでとても興味深かったです!私は行きませんでしたが、ビジターセンター内にはカフェもあり一息つくこともできそうでしたよ。

 牛の乳搾りのアクティビティの様子

牛の乳搾りのアクティビティの様子

 飼育されている牛たち

飼育されている牛たち

 かわいい子やぎ

かわいい子やぎ

この牧場に心惹かれてしまった私は、後ろ髪を引かれながらも車に戻り、次なる目的地、コアラコンサベーションセンターへ。ここは、コアラが棲む森林にお邪魔すると言う感じで、自然のなかで暮らすコアラを木の上の方や幹の分かれ目に見つけることができました。動物園で飼育されているコアラよりももっとリアルでナチュラルなコアラに出会うことができる、けっこう特別な体験だなあと思いました。また、ビジターセンターにはコアラやその生態系に関するディスプレイがあり、コアラの繁殖期の鳴き声など、可愛いだけではないコアラの姿も知ることができます・・・。

写真は木の上にいるコアラです。こんな感じでさりげなくコアラがいます!

 コアラコンサベーションセンターで見つけたコアラ

コアラコンサベーションセンターで見つけたコアラ

そのあとはノビーズ岬に立寄り、約30分散策しました。この日は風がものすごく強くて、私はペンギン探しを断念してしまったのですが、木道の下にリトルペンギンを見つけることもできるそうです!ペンギンパレードでは撮影が禁止されているため、ここが撮影のラストチャンスだそう。私がここに着いたのはだいたい夕方の4時半くらいだったのですが、迫力ある景色に夕日も加わりとにかくとてもきれいでした。

 ノビーズから見える壮大な景色

ノビーズから見える壮大な景色

最後にお待ちかねのペンギンパレード。ペンギンは日没後に見られるので少し時間があったため、ビジターセンターで待機していました。コンパクトなフードコートやコーヒーショップもあるので、ペンギンパレードの前に少しおなかを満たすのも良いと思います。

わたしは今回ペンギンプラスの席でペンギンパレードに臨みました。ペンギンプラスの観覧席では巣にかえっていくペンギンたちをとても間近で見ることができました!特にペンギンたちが勇気を振り絞って池を渡るシーンは必見です!想像をはるかに超えた数のペンギンの群れが、ヨチヨチ海から歩いてきて、障害物もなんとか乗り越えながら(ペンギンたち次から次へと来ちゃって渋滞します)頑張ってみんなで巣にむかって進む姿は本当にかわいかったです・・・!実はペンギンパレードが始まるまでの間、外で待っているとき、すっごく寒かったのですが、きちんと報われました!!ペンギンパレードではいっさいの写真撮影が禁止されています。理由は、カメラのフラッシュがペンギンを失明させてしまうからだそうです。パーク内では係の方々が厳しく取り締まっていますが、それでもやはり写真撮影をしている人を見かけました。思い出を写真に残すことも素敵なことですが、時には写真を撮ることを忘れてそのときその瞬間を楽しむことに集中するのもいいですよね。なによりペンギンたちのために写真撮影禁止のルールは必ず守りましょう!

下の写真は私が撮ったものではありませんが、こんな感じです!

 日没後巣にもどっていくペンギンたち

日没後巣にもどっていくペンギンたち

 日没後巣にもどっていくペンギンたち

日没後巣にもどっていくペンギンたち

 日没後巣にもどっていくペンギンたち

日没後巣にもどっていくペンギンたち

そんなこんなでツアーは全て終了し、車でメルボルン市内まで戻っていきました。

 

さて、私のこのツアー感想ですが、一瞬も退屈することなく一日中楽しむことができました。全ての場所での滞在時間は約1時間で、とにかく色々な動物に出会えます。そして車窓からの景色も含め、のどか且つ迫力ある絶景をたくさん見ることができる、目にも心にも優しいツアーでした!私はひとりでこのツアーに参加しましたが、ガイドさんがフレンドリー(かといってそんなに干渉しすぎる感じでもなく)なので、寂しくひとりでしょんぼりということもありませんでした。もちろんツアーは全て英語で行われますが、最初に少し説明(オーディオガイドで聞けます!)や集合時間を聞いたらあとは自由行動なので、あまり心配することはないと思います。

 

最後になりますが、フィリップアイランドツアーはものすごくおすすめです! 特に動物が好きな方!そうでもない方も!メルボルンにいらした際はぜひ行ってみてください!

今すぐ予約はこちらのリンクから!

 ブログ by 光畑萌衣

ブログ by 光畑萌衣

ブログ by 光畑萌衣